スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルゲイ・ヴォロノフ、来シーズンも現役続行を明言!


4a1139e6-s.jpg
(NHK杯FSより)


4CCの喧騒もまだ醒めない今ですが・・・・
なんと、セリョージャの来期の現役続行が本人の口から明らかにされました!

こちらがその記事です⇒ヴォロノフは現役を続行する

報道媒体はR-スポルトで、記事をお書きになったのはアナトーリィ・サモフヴァーロフさんです。
火曜日にゴンチャレンココーチのツェスカ(CSKA)からの移転が報道され、もう彼女はツェスカに行っていない、ということがご本人の口から明らかにされました。(それについてはこちら
日をおかずにコフトゥンは、コーチの意思を尊重し自分はコーチについてゆく、ということを明言していました。それについての記事をお書きになったのもこのサモフヴァーロフさんです⇒こちら
おそらく、サモフヴァーロフさんはゴンチャレンココーチの移籍に伴う動きをずっと追っていらしたようです。

そして記事によると、セリョージャは、今年の3月にミラノで行われるワールドも視野に入れながら、かなり本格的な練習を続けており、また「状況を見ていきたい」とも述べているので、「呼ばれればいつでも行く」という姿勢を崩してはいないと思われます。そして、現在はツェスカ(CSKA)で氷上練習を続けており、今現在の時点では特定のコーチはいない状態のようです。
また、将来のことに関しては、来期は確実に現役を続ける、それに向けてのプログラム(ここは複数形になっているのでSP、FSのことだと思われます)も作成する、と明言しています。


しかし、ゴンチャレンココーチがツェスカを離れたにも関わらず、そこに留まって練習を続けている、ということは、来期のコーチ替えも視野に入れているのか、それともこれがワールドまでの暫定的なものなのかは述べられていませんが、どうも彼はツェスカにとどまるつもりでいるように思われます。
また、2月に国内戦(ロシアカップファイナル)があると思うので、それに出るつもりでいるのか否かもここでは触れられていません。

とにかく、続報をまちたいと思います。


↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

哲学する野獣・セルゲイ・ヴォロノフ Sergei Voronov

fgr14112921130018-p1_2017051222055964b.jpg

セリョージャことセルゲイ・ヴォロノフのなみはやドームでのNHK杯準優勝を祝して、今まで彼について書き溜めたものでカテゴリーを独立させました。(他に個人別エントリーは、メンショフとアリエフがあります)

こちら↓
鋼のクワドジャンパー、K・メンショフ(Konstantin・Menshov)

エッジで奏(うた)うロシアン  ドミトリー・アリエフ

彼を応援し始めたのは2006年のジュニアワールド。小塚くんについで2位になった時でした。ダイナミックで高いジャンプ、荒削りなようでエレメンツそれぞれを丁寧に行おうとする姿勢に魅せられたのですね。そして、当時の彼のコーチはウルマノフでした!
「ウル様の弟子なの?これは応援しなければ!」
という一種邪まな気持ちもあったのですが、彼を見ていくうちに、苦労人ながらそれを表に出さない姿勢であるとか、冷静に周りを見つめる人柄であるとか、そういったものにどんどん引き込まれていきました。
特に、彼のインタビューは他のブロガーさんもおっしゃっているように、持って回ったムスカしい言い回しが多く、あるときはポエムっていたりして、訳すのに苦労するのですが、そんなところも含めて非常に魅力的です。
セリョージャを最初に「野獣」と言ったのはアイスダンサーのマキシム・シャバリンだそうですが、頑固で激しい性格と、理屈屋でポエミーなところが相まって、面白いやつだなぁ、と思う反面、育ちがいいのだろうなぁ、と思います。
表彰台に乗っていても(彼はなぜか2位、3位が多い)、必ず一緒の選手に拍手を贈り、プレゼンターに礼を尽くします。そこまでしなくとも・・と思うこともしばしばで、もうちょっとガツガツしていてもいいのに、とも。
ファンとしては、そういう人柄は嬉しいのですが、そんなところがあるからアスリートとしてイマイチ勝ちきれないところがあるのかもしれない、とも思ったり。今回のNHK杯で彼を認識してくださった方も多いようなので、セリョージャの歩んできた道を知っていただけたら嬉しいです。


セルゲイ・ヴォロノフ「趣味、読書。尊敬するアスリート、ランス・アームストロング」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-10.html
(注)これはランスのドーピング発覚以前に書かれたものです

タラレバはないけれど・・・バンクーバー五輪
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-54.html

スケーターズ・ファイナルファンタジー ―クジャとセフィロス
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-22.html

カヴァラドッシの手紙 -セルゲイ・ヴォロノフの新プロ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-16.html

紅と蒼のスクリャービン ― セルゲイ・ヴォロノフと羽生結弦
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-29.html

ボクは氷上のサッカー選手になります! ―ヴォロノフのインタから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-37.html

セルゲイ・ヴォロノフ2012年世界選手権無事予選通過! インタ2つほど
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-62.html

お前どこまでヤグヲなんだ!(爆笑) セルゲイ・ヴォロノフの欧州選手権インタ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-67.html

命ある限り 私は滑る ― 「キャンドル・ライト」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-77.html

リッポンとナンソンの衝突事件、そして高橋・町田選手について ―ヴォロノフのインタより
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-89.html

ヴォロミオとヴォロクサーヌ ―帰ってきたセリョージャ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-90.html

メンショフの素晴らしいクワド、そして我が友ガチンスキー セルゲイ・ヴォロノフRCFインタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-110.html

還ってきたヴォロノフのトリプルルッツ -フィンランディア・トロフィー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-131.html

哲学する野獣 -セルゲイ・ヴォロノフ欧州選手権直前インタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-144.html

ロシア男子五輪代表の行方は・・? 欧州選手権プレカンに見る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-148.html

お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (1)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-166.html

お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (2)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-167.html

ヴォロノフ、フィンランディア杯優勝 「僕のキャリアはまだまだ続く」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-169.html

ヴォロノフ、GPF出場決定おめでとう! ―NHK杯男子
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-183.html

ヴォロノフ、GPF初出場銅メダル!―GPF男子
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-185.html

野獣の横顔・セルゲイ・ヴォロノフ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-186.html

「気分はジェフリー・バトル」 ―セリョージャの昔のインタから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-189.html

白鳥は戦い続ける ―セルゲイ・ヴォロノフ、欧州選手権SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-190.html

ピーキングの問題 ―セルゲイ・ヴォロノフ 欧州選手権3位
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-191.html

セルゲイ・ヴォロノフの欧州選手権の足跡 ― 初出場(2008年)から今年まで
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-195.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(1) ―白皙の美少年が青年に―
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-197.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(2) ―挫折からの羽ばたき
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-198.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(3) ―我慢とプライドのせめぎ合い
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-199.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(4) ―試練をポジティブに受け止める
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-200.html

ワタリガラスは今、翼を研いでいる - セルゲイ・ヴォロノフ、ワールドに向けて
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-205.html

「それを決めるのはジャッジだ」 セルゲイ・ヴォロノフ、世界選手権SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-206.html

痛みとの、己との戦いの果てに -セルゲイ・ヴォロノフ 世界選手権FS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-207.html

武器なしでの戦い ― セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-208.html

気合の3Lz2本、根性の3Lo-1Lo-2Lo、もぎ取ったSB セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦FS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-209.html

「帰り来ぬ青春」を超えて「我が道」をゆく ― セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦EX
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-210.html

【シーズン回顧・そして来期へ】セルゲイ・ヴォロノフのこれから―
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-216.html

セルゲイ・ヴォロノフ GPS演技の変遷
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-219.html

セルゲイ・ヴォロノフ、今期の振付師はジェフリー・バトル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-223.html

ヴォロノフの挑戦は続く ― 新プロへ、そしてトリプルルッツへ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-224.html

セルゲイ・ヴォロノフ EX集(3) もうすぐテストスケート!今年のプロは?
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-228.html

原因は己にのみ、これからはただ練習に励む ―セルゲイ・ヴォロノフのGPS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-234.html

セルゲイ・ヴォロノフ解説者デビュー!? ―ロステレコム杯EX
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-235.html

克己心と頑固さ ―セルゲイ・ヴォロノフJスポーツインタビューから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-237.html

セルゲイ・ヴォロノフ ロシア選手権12年の足跡 動画集 (FS)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-238.html

セルゲイ・ヴォロノフ、4回転ジャンプを語る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-240.html

セルゲイ・ヴォロノフ、ベテランの決意を語る ―カップオブロシアファイナル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-241.html

女性たちに捧ぐ ―セルゲイ・ヴォロノフ、国際女性デーのメッセージ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-247.html

セルゲイ・ヴォロノフ、コーチ替えと怪我のその後
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-248.html

セルゲイ・ヴォロノフ:コフトゥンは、SPにおいて1つのミスを除いてしっかりとやり遂げた ―世界選手権2016
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-258.html

セルゲイ・ヴォロノフ、来シーズンの展望を語る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-265.html

セルゲイ・ヴォロノフ:自らの立ち位置は己の努力で手に入れる
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-266.html

セルゲイ・ヴォロノフ:僕は以前からずっと、“もう終わったスケーター”と言われてきた (インタビューⅡ)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-271.html

セルゲイ・ヴォロノフ:僕はそう悪くないパパになれると思うんですよ (インタビューⅢ)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-275.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「今シーズン、僕は高レベルで戦い競う力を十二分に持っていることを証明したい」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-283.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「エテリ・ゲオルギーエヴナの所でも、インナ・ゲルマーノヴナの所でも沢山の練習を積まねばならないことに変わりはない」―ネペラ杯後インタ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-286.html

【動画有り】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランの再出発 ―スケートアメリカ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-288.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「今日、僕は自らのできる限りのことをした」―スケートアメリカインタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-289.html

【動画あり】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランへの試練 ―ロシア選手権男子総括(1)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-296.html

【動画あり】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランは挑み続ける ― ロシアンカップファイナル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-307.html

エテリ・トゥトベリーゼの語るセルゲイ・ヴォロノフ  -インタビュー抜粋
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-314.html

ネペラ杯を前に、ベテランと新鋭に明暗-ヴォロノフとアリエフ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-321.html

セルゲイ・ヴォロノフ、見せた!ベテランの意地 ―オンドレイ・ネペラ・メモリアル男子SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-322.html

セルゲイ・ヴォロノフ、ネペラ杯準優勝!優勝は10位からの逆転、ミハイル・コリャダー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-323.html

ヴォロノフはもっと前に振付師・ミーシャ・ジーに出会っていなかったことを残念に思うと語った
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-325.html

セルゲイ・ヴォロノフ:さらに練習をせねばならない。口をつぐんで、すべきことをするのだ。
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-327.html

セルゲイ・ヴォロノフ、NHK杯SPトップで折り返し!ロシアのベテランはまだまだ終わらない
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-338.html

セルゲイ・ヴォロノフ、NHK杯初優勝!30歳にして初のGPS優勝!
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-340.html

セルゲイ・ヴォロノフ、ドーピング問題を語る ―2016年ネペラ杯後のインタより
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-344.html

セルゲイ・ヴォロノフ、スケートアメリカSP3位!
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-347.html

セルゲイ・ヴォロノフ スケートアメリカ総合3位!30歳にしての2度目のGPF出場!
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-348.html

イリヤ・アベルブフ:「セルゲイ・ヴォロノフは、GPF出場を決めたことで懐疑論者たちを打ち負かした」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-353.html

セルゲイ・ヴォロノフ、得意の3Aにミス、SPは5位発進 ―GPF男子SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-355.html

セルゲイ・ヴォロノフ、会心のFSで巻き返し!総合4位 ―GPF男子フリー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-357.html

セルゲイ・ヴォロノフ EX演技集(4) 2015-6シーズンから今まで
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-358.html

ヴォロノフは、2018年のオリンピックに出場することをけして諦めてはいない
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-332.html

ヴォロノフは欧州選手権を逃した理由を、己にのみ求めようとしている
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-359.html

セルゲイ・ヴォロノフ、来シーズンも現役続行を明言!
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-363.html



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ヴォロノフは欧州選手権を逃した理由を、己にのみ求めようとしている


小DRkckP3VQAA-VeK
(ロシア選手権SPより)


ロシア選手権も終了し、ロシアの欧州選手権派遣選手はコリャダー、サマリン、ジーマと、1~3位選手で決まりました。今まで連盟は、1,2位は文句なく派遣、3位は連盟の意向も鑑みて、という派遣の仕方をしてきましたが、そうなると反論が出たり、遺恨を残すこともありました。近いところでは2012-13シーズンの男子シングルユーロ派遣問題です(「トランコフの反乱」参照)。この時、メンショフが「歳を取っているから」で外されたように、また今回アリエフが「若いから」で外されていたら、一体選手権の価値は、ということになってしまっていたでしょう。スムーズに1~3位で決まって、本当に良かったです。

惜しくも4位だったセリョージャは派遣なし。残念ですが、これが勝負です。
FS後には誰にも会うことをせず、コメントも残さなかった(R-スポルト記者サモフヴァーロフ氏談)という彼ですが、24日にタス通信から彼のコメント記事が出ました。
内容的には、私としてはいかにも彼らしいなー、と思いますが、ちょっとカチン、と来る方もいらっしゃるかも。

今回もまた、ロシア語者の友人にチェックをお願いしました。いつも忙しい中、本当にありがとうございます。m(_ _)m

++++++++++

<スケーター、セルゲイ・ヴォロノフは、欧州選手権のロシア代表チームに選ばれなかった理由を、己にのみ求めようとしている>

サンクトペテルブルグ 2017年 12月24日 タス通信 ヴェロニカ・ソヴェートワ

ロシアのフィギュアスケーター、セルゲイ・ヴォロノフは、今シーズンの欧州選手権のロシア代表チームに選ばれなかった理由は何よりも自己にのみ求められるべきだと考えている、とタス通信に述べた。

日曜日に連盟上層部は、モスクワで行われる来る欧州選手権に出場するナショナルチームのメンバーを発表した。代表チームに選ばれたのはミハイル・コリャダー、アレキサンドル・サマリン、ドミトリー・アリエフである。セルゲイ・ヴォロノフとアルトゥール・ドミトリエフは補欠となる。
サンクトペテルブルグにおいて行われたロシア選手権において、この30歳のスケーターは4位だったのである。

「ロシア選手権で4位だったのですから、何を言うことができるでしょう」
と、連盟の決定にたいしてヴォロノフはコメントした。
「僕はいつも、他者に原因を求めるのではなく、自分を見つめ直すようにしています。今回僕はフリープログラムを上手く滑ることができませんでした。別のいい方をすれば、それは誰もうまく滑れませんでした。
見てみましょう、若手たちが国際舞台でいかなる演技ができるか。しかし、今シーズンに僕が達成したようなことを、彼らはまだ成し遂げていません。」


これからのプランについて、ヴォロノフは新年の祝日の後に決定する。
「新年の始まりに。僕には休息が必要です。なぜなら、このシーズンはたくさん、そして精力的に動いてきたからです。そしてその後どうするかは、状況を見据えてとなります。」
とフィギュアスケーターは言った。

オリンピックシーズンにおいて、このフィギュアスケーターは、GPSの日本大会で優勝し、アメリカ大会では銅メダリストとなり、名古屋で行われたグランプリファイナルでは4位を獲得した。

=====ロシア語本文=====

++++++++++

今回、とても勉強になったのは、セリョージャの2つ目の発言の冒頭(訳文では二つ目の「」)の

“Я стараюсь всегда начинать с себя.”

という文です。これは直訳すれば「僕はいつも自分から始めるようにしています」となりますが、ロシア人には、

僕(この場合はセリョージャ)は、いつも、(他者ではなく)自分を見つめ直すようにしています。

と自然と解釈されるのだそうです。つまり、自分から始める⇒自分を見つめ直す ということだそうです。まず自分を振り返る、ということのようです。
こういったニュアンスは実際にその言語を用いて生活している方でないとなかなかわかりません。感謝、感謝です!

そうしますと、ここはタイトルともなっている「欧州選手権のロシア代表チームに選ばれなかった理由は何よりも自己にのみ求められるべきだと考えている」と呼応するわけですね。セリョージャの(というかロシア人全般の?)内省的な部分がよくわかる流れです。そして、この2つの部分は、インタビューからすればここは非常に重要な発言だと思われるので、アドバイスいただいて本当に良かったです。この部分がないと、セリョージャがかなり傲慢野郎に見えてしまいます(いや、実際そういうところもあって、そこも好きなのですがねw)。

トップの写真には、“静かに未来を見据える”とでもいった眼差しの印象的なSP開始前のものをセレクトしました。「まず休息をとり、未来はそれから」と言ったセリョージャ。今彼は、何を考えているのでしょうか?
ファンとしては、まだまだできる、続けて欲しい、と願いたいですが・・・ 

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ヴォロノフは、2018年のオリンピックに出場することをけして諦めてはいない


4578412小
(タス通信記事より)

もうじき、全日本選手権とともに、ロシア選手権も始まりますね!まだ、出場者のリストは上がっていませんが、出場選手の「見てね~&応援してね~」動画が次々と上がっています。セリョージャはこちら。

他選手の分も⇒こちらのチャンネルに

さて。だいぶ前の記事になりますが・・・。
10月中旬、彼の所属するクラブのあるツェスカアイスパレスに新リンクが完成し、そのオープニングセレモニーが行われていました。彼ももちろん出席しており、リンクメイトであるサマリンやレーナと一緒の写真が上がってきていました。
DL28u6zVAAAGbKB小

そのほぼ同時期に出た、タス通信の記事です。いわば、彼の今シーズンの決意表明とも言えるものといっていいでしょうか。


++++++++++
<フィギュアスケーター ヴォロノフは、2018年のオリンピックに出場するという希望を捨ててはいない>

モスクワ 10月12日 タス通信 アルチョム・クズネーツォフ

2度にわたるヨーロッパ選手権のメダリストで、フィギュアスケーターのセルゲイ・ヴォロノフは、2018年に韓国の平昌で行われるオリンピックのロシア代表ナショナルチームに入ることに照準を合わせている。
それについて30歳のアスリートは、タス通信に語った。
ヴォロノフはここ2シーズン、ヨーロッパ選手権と世界選手権に派遣されるナショナルチームに入ることができなかった。昨年の世界選手権にロシアから派遣されたのは、マキシム・コフトゥンと、ミハイル・コリャダーの22歳の2人であった。

「ええ、たくさんの強い選手がいます。だからこそ、練習を欠かすことはできません。僕は他の誰のことをも気にかけることはありません。僕には自分の課題と自分のチームがあります。 僕は今、目隠しをしている馬車馬のように、 わき目もふらずに自分の練習に没頭していて、他に気をそらすことはありません。」

ヴォロノフは言った。

「だんだんとシーズンが始まり、多くの試合があります。今のところ十分にうまくいっています。重要な試合は、12月末の誰がどの試合に出るのかが決まるロシア選手権です。僕は戦い抜きます。」

そして彼は、オリンピック出場のチャンスについてのコメントを付け加えた。
最も近年のヴォロノフの大きな実績は2014-15シーズンにヨーロッパ選手権3位となったことである。 そして、2016年に彼はエテリ・トゥトベリーゼのもとを去り、インナ・ゴンチャレンコのグループに移った。

「気分は上々です。年齢-それはとても素晴らしいものです。 僕には経験があります。そして、重要なのは健康でいることです。残りは全て付いてきます。」

と彼は言った。

=====ロシア語本文=====
++++++++++


そして、彼はこの決意表明のとおり、体を壊すことなく、シーズン初めは30位近くであったWSもジリジリと上げ(GPF終了時点で12位)ここで語っているとおり、五輪代表に手の届くところまで自らの地位を上げてきました。
あとは、彼も語っているように、ロシア選手権で結果を出すのみです!ファンとしては祈るのみですが、なんとか頑張って代表の座を掴み取ってもらいたいものです。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ EX演技集(4) 2015-6シーズンから今まで

小DOatGJnVwAEWZyF
(NHK杯EXより)

GPFの喧騒も収まり、選手たちは自国に散っていきました。これから控える各国ナショナルに向けて、準備に余念がないことでしょう。
さて、今回のGPFでも(特にフリーでは!)素晴らしい演技をしてくれてファンを増やした(?)と思われるセリョージャですが、どうもセーターをはじめとする私服ネタやウラ話的なものが先行してしまっていて・・・(すいません、責任感じてます)
やっぱ、ファンとしては彼の「演技」を見ていただいて、魅力を再確認していただきたい!とこのエントリーを組みました。
EX集は今までもやっていて、これが彼の成長が一番わかるかなぁー、と。
以前のものとも合わせてみていただけたら嬉しいです。ハイティーンの少年が、三十路になるまで、そこにはどんな葛藤や喜びがあったのか。私ごときファンの戯言より、彼の演技自体が明瞭に語ってくれるでしょう。
ジュニアからバンクーバー選考まで⇒セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (1)
バンクーバー以降13-14シーズンまで⇒セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (2)
2014-2015シーズン⇒セルゲイ・ヴォロノフEX集(3)

さて、今回は、2015-16シーズン、2016-17シーズン、そして今までです。

(2015-16シーズン)
この年は彼がずっと憧れていた存在であり、振付師としても広く活躍していたジェフリー・バトルに振り付けを頼むことが叶い、彼自身も意気に燃えていたシーズンであったはずなのですが・・・・
なにか少しづつ歯車がかみ合わなくて。気に入っていたはずのプログラムもシーズン途中で衣装を変えてみたり、結局ロシア選手権ではFSは昨年までのものに戻す、ということになってしまいました。この年、彼は意味深な言葉をいくつも残しています。
「ジェフのようには滑れない・・・」(プログラムを戻すとき)
「現実が辛い時には、思い出が慰めになることもありますね」(全露前のJスポーツインタ)

中国杯(5位)Feeling Good

数え切れない程の選手がやってきたこの「Feeling Good」ですが、私としては「この曲にこんな魅力が!」と思わされたプロでした。シブカッコいい!←ファンの贔屓目ですw ほんと、難しいエレメンツやってるわけじゃないんですけどね。

ロシア選手権(5位)Это всё

ロシア選手権では台落ち。EXがやっとの順位でした(大体EXは5位まで)。ロシア歌謡で滑るセリョージャ、やっぱ好きです。ヴィソツキーといい、キャンドル・ライトといい、曲が身についているのかな。ただこの時、彼には珍しく、難しいエレメンツやろう、としてはやめてみたり(?)なんか焦りのようなものも見えた演技ではありました。


(2016-7シーズン)
このシーズンから本格的に(正確には前シーズンのWCCから)ゴンチャレンコのもとに移籍します。彼女とは必ずしもすぐにぴったり来た、というわけではなかったようですが・・・。新天地で模索が続いている、そんな感じのシーズンでした。ナショナルは7位でしたのでEXなし。このシーズン唯一のものがこれです。

中国杯(3位) 君の瞳に恋してる

お客さん煽って、キャーキャー声が飛んで。やっぱりEXはそうでなきゃ!って感じですね。


(2017-8シーズン)
今シーズンです。ナショナルメンバーのサブ、という位置づけから始まり、テストスケート、シズラニの国内戦、そして急に決まったネペラ杯派遣、と毎週の試合をこなし、その中でネペラ杯2位、そしてミンスクのCSアイススター派遣、を勝ち取ります。アイススターでは優勝。この2年のISU選手権の出場はないものの、ジリジリWSを上げてきました。そしてNHK杯!もうこれは説明は要りませんね!
とうとうGPS表彰台の真ん中に立ちました!

NHK杯(優勝) 枯葉+アンコール


そしてGPS第2戦。アメリカ杯でも3位となり、GPF出場を果たします。

スケートアメリカ(3位) 枯葉


NHK杯の時見ても思ったんですが、本当にスケーティングが上質になったなぁーと。決してツルスケ、ではないんですけど、もっと重みのある、というか重厚な、というか。今年、ジャンプの失敗が少ないのも、このスケーティングの上質さのせいかなー、とも思いました。

そして、GPFは4位となりますが残念ながらEXはなし。うーん、時間は限られてるとはいえ、見たかった。

ここで、三十路のおっさんスケーター(褒めてる!)のシブさとは対照的な、10年前の彼です。今はこの曲でサモヒンくんを思い出す方も多いかな。

2008年欧州選手権 (4位) Still Loving You


この青年がいくつもの挫折や苦難、そして喜びを経て、三十路までリンクに立ち続け、今もなお輝きを放っているのか、我々には知る由もありません。ファンとしては、彼の行く手に幸あれかし、と祈るしかありません。
これからも、こうして動画を増やしていけたら・・・本当に嬉しいです。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

セルゲイ・ヴォロノフ、会心のFSで巻き返し!総合4位 ―GPF男子フリー


小DQhuT5OXUAArJYY
(GPFフリースケーティングより)


さて、男子フリーも終わりまして、惚けている私でございます。セリョージャは、といえば、この写真でお分かりですよね!本当に、素晴らしい演技でした!今回はステップにも余裕が有って、フィニッシュポーズもNHK杯、スケアメとは変わっていました。「SEIMEI」へのオマージュ、という噂もありますが、どうでしょう、こればっかりは彼に聞いてみないと。
男子フリーのリザルトです。
Screenshot-2017-12-9 Grand Prix Final 2017 Senior and Junior
うーんやっぱPCSががが。特に、滑走順がリッポンのすぐ後でしたから、余計に荒削りさが目立ってしまいましたかねー。
でも私、嫌いじゃないです、この、なんていうか「エッジ捌きのワイルドさ」というか、荒削りさと丁寧さが同居してる、という彼ならではの味。
特に、今回はノリまくっていて、それがすっごく生きていました。そしてステップ途中で客を煽りまくるわ、笑顔でノリノリだわ、でもう・・・涙腺決壊。シャイで、エキシでの客煽りも照れくさそ〜、にやってた彼が!ジャッジ席に指差するわ、ニヤリ笑い満載だわ、でもう、気絶しそうでした(笑)スタオベもすごかったらしく、観客も熱気に満ちて、一体感溢れてた、ということなので、あー、直接観戦したかったです。

そして皆が大技に挑戦して転倒する中、転倒なし、そしてエレメンツの減点も単独4Tのフットタッチとオーバーターンのみ、でまとめ上げたのは立派だったと思います。特に、PCSでは6人中最下位の彼ですが、PE(performance)の項では宇野君と並んでトップタイ!いやー、ジャッジは見てくれてるんだなぁー、嬉しい。
キスクラでは、「僕を喜ばせてー」と呟き、点が出ると「ケチー」と膨れて見せてたそうですが、これもいい演技ができたから、の余裕の表れですかね。ちなみにFS後のロシア記者のインタでは、演技にも、点数にも満足している、と述べていたそうです。
「荒削りながらも上質なエレメンツを揃え、プログラムをしっかりとまとめあげました」っていうジャッジへからのメッセージ、しっかり受け取ったんですよね。

では、動画行きます。()の数字はGOEです。

<FS>4T-3T(+2.00) 3A(+2.14) 4T(-2.46) 3A-3T-2Lo(+1.00) 3Lz(+0.90) 3S-2T(タノ(+0.70) 3Lo(+0.90) 2A(+0.50)

ここ連続して3本目のジャンプである単独4TがGOEマイナスとなっているのが気になりますが、他は全部プラス!ジャンプの安定感半端ないです。
こちらがジャッジスコアです。
Screenshot-2017-12-9 data0105 pdf
30歳にしてこれ(いや、トシのことには触れたくないんですけど)っていうのはやっぱり凄い。そして単独3AのGOE+2.14っていうのは、3A単独については彼史上ひょっとして最高の加点じゃないでしょうか ?90点台に乗せた2014年ロステレの「死の舞踏」も、今年のアイススターのFSでの3Aも+2.00だった記憶があるし。クワドコンボでは確かNHK杯で2点以上のGOE貰ってたと思うので、単独ジャンプではこれが最高かもしれません。それも、入りの助走は長めで、出てから直のスケーティング動作もなし、本当にジャンプオンリー(褒めてます)で、これだけの加点もらえる、っていうのはある意味スゴイです。
そして3Lzが単独になってしまったので(多分フェンスに近すぎた?)、3Sでのリカバリー。スケアメと同じく、セカンドジャンプにタノを入れてきました。国際大会では2度目のタノジャンプかな。セリョージャのタノは、着氷の際、手を下ろして両手を広げてる選手が多い中、最後まで片手が上がっているのが印象的です。
ただ、ここ2試合続いて3Aからの3連が後半にカウントされていないのがいかにも辛い。それだけギリギリの位置に入ってるんでしょうけど・・・。気が急いて跳び急いじゃってるのか、彼自身のスケーティングが速くなって、コレオシークエンスが早めに終わってしまうのか(セリョージャのステップの上達ぶりには、ロシア語放送でリプニツカヤさんの指摘がありました)。
ここはロシア選手権に向けて修正しないといけない部分でしょうね。

少し休んでから、ロシア選手権の準備に向かう、ということですが、本当になんとしても今回は五輪切符を勝ち取ってもらいたいです!
彼のインスタを見ると、今日は京都に行ってるらしく・・・。つかの間の休息ですかね。エキシ、出て欲しいなぁー。テレ朝さん、お願いします!


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ、得意の3Aにミス、SPは5位発進 ―GPF男子SP


小DQcFCVMVoAEPDdS
(GPFのSPより)

昨日よりGPFが始まり、シニア男子ではSPが行われました。
セリョージャは、というと・・・。

シニア男子SPリザルト
Screenshot-2017-12-8 Grand Prix Final 2017 Senior and Junior

今までの順調ぶりからすると、ちょっと、という感はありますが、正直私は驚きませんでした。
ライストで見ていて、6分間練習前にリンクサイドに出てきた時、ギョッとしました。やはり5日の五輪関連のニュースのせいでしょうか(これについては報道が落ち着いた頃、またエントリーを設けて書きたいと思います)、だいぶやつれて疲れが見えているように感じられたからです。いや、気のせい、と思おうとしたのですが、やはり頬もこけているように見えましたし、正直ハラハラしながら見ていました。セリョージャは前から精神状態がすぐ顔に出る質で、出てきた瞬間、「あ、今日はイケる」「今日はヤバい」とかひと目で分かったもんなんです(笑)
最近はそうでもなくなってきて安心してたんですが、でもやっぱり今日の顔つきは「ヤバいかな・・・?」と思わせるものであったことは確かです。確かに、大きな試合の直前に、自分が今まで目指してきたものの根底を揺るがすようなニュースが入ってきて・・・と、精神状態を立て直すのは大変だったかと思うのですが、そんな中よくやってくれた、と思います。

ロシアの五輪出場可否と、このGPF関連のニュースとしてはこちらがまとまっているのでどうぞ。デイリースポーツの記事です。
男子フィギュア ロシア勢2人 五輪出場禁止処分も個人資格での出場に意欲「出たい」

SPの動画がこちらです。


GPSに入ってからは、安心安定の4T-3T。今日も、ファーストのクワドの着氷がちょっとシェイキーではありましたが、とにかく根性で、っという感じで3Tをつけました。以前だったら諦めて2Tにしちゃってたかなあ、と思うと、今シーズンのセリョージャの気持ちの強さが垣間見えて、頼もしくも嬉しいです。そして、スピンはレベル4を揃え、ステップもレベル3ながら、しっかり加点をもぎ取りました。
そして、このSP,滑り込むほどにセリョージャの良さが増してくるような気がして、ミーシャは本当にいいプロを作ってくれたなぁ、と思います。そして今日はジャンプの調子こそイマイチでしたが、パフォーマンス全体としては、気合いものっていて、特にステップシークエンスなどは、背中に炎をしょっているようでした。表情のひとつひとつにも引き込むものがあって、本当に素晴らしかったです。

大きなミス、といえば3Aのステップアウトのみですが、こういった上位選手の戦いになりますと、1つのミスが命取りになります。ちょっと上位に食い込むにはきついかな・・・・
しかし、スポーツは何が起こるかわからない!諦めずに見守りたい、と思います。

こちらがジャッジスコアです
Screenshot-2017-12-8 data0103 pdf

そしてセリョージャには、拙いものですがこの詩を贈りたい。

大鴉(ヴォロノフ)よ
暝き知らせに慄かず 笑顔の君に我は哭く

白銀の爪閃かせ 黑と赫との調べに乘りて
銀盤駆ける君が想いよ
便りに窶れし君なれど 彊き念ひに変わりはあらじ

猛き羽 碧の瞳 ぬばたまの翼もつ大鴉よ
八咫の烏は君を導く 東の神のその丘へ


そして、今日のFSで彼が悔いのない演技ができて、また笑顔で終わることができるように、心から祈りたいと思います。

小DQcFRKUUMAAGCJv


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。