ドミトリー・アリエフ シニア初戦はほろ苦デビュー ロステレコム杯2017


小159642-875e4-104145823-m750x740-uaf3ac
(ロステレコム杯SPより)


ロステレコム杯もコンペは終了し、あとはEXを残すのみとなりました。男子では次々と飛び出す様々な種類のクワド、そして準優勝ではありましたが羽生さんの4Lzの成功、女子では世界女王メドヴェージェワの揺るがぬ強さと日本女子の活躍、と初戦から話題の多い大会ではありました。そんな中、これがシニア本格デビュー、となったジーマのことを振り返っていきたいと思います。

まずはSP。やはり初戦となれば気になるのは衣装ですが、とにかく大当たり!ツィッターでも大反響の軍服モチーフ衣装。(写真上)
曲が「仮面舞踏会」と聞いたときに、「軍服衣装щ(゚◇゚щ)カモォォォン ー!」と思っていた私としては大歓喜でした。男子の仮面舞踏会の軍服衣装、といえばソチシーズンのトランコフさんのが記憶に新しいかと思いますが、ああいう感じのこないかなー、と思っていたらまさに!いやー嬉しい。こういった衣装は上背があり、尚且つ胸周りに厚みのある体格でないと似合わないので、まさにジーマにはぴったりです。ぜひ最後までこのままでお願いしたいです。

そして、ジーマはシーズン初めのソチでのテストスケート後、足首に炎症を起こし、その治療のために出場予定だったオンドレイ・ネペラ・トロフィーを欠場しているので、心配としてはそれが心配だったのですが、
その状況に関してはこちら⇒アリエフはモスクワで治療を受けると同時にCSKA(ツェスカ)のリンクで練習している
無事エントリーしてきた、ということはなんとか回復の目処が立ったのだろう、とひとまず安心をしたのでした。

演技がこちらです。コメントなしでじっくりどうぞ。
<SP> 3Lz-3T 4T / 3A


とにかくジュニア上がりでありながら、曲負け、衣装負けしていないのをまず評価。この「仮面舞踏会」の曲のスケールの大きさに負けずについていけるスケーティングスキル。スピンも彼比でだいぶ上手くなったんじゃないかな。最初予定していたクワドルッツは空中でタイミングが合わなかったのかトリプルに変更。結果としてはそれが正解でした。次の4T、3Aと次々と成功させ、結果としてPBをたたき出し、ネイサン、羽生についで3位。上々のスタートを切りました。
SP後のインタビューでは、
「全体として出来には満足している。ただ、オフシーズンからすっと練習してきた4Lzを見せられなかったのが残念です。演技後半でスピードが落ちたのは怪我で通し練習が足りなかった。足首が完治すればもっと良くなるでしょう。テストスケートの後負傷したが、GPS欠場の考えはなかった。モスクワに治療に来て、CSKAのリンクで練習させてもらえたことには感謝しています。(モスクワに治療に来た時からすると)現在30%位回復しています。演技中は痛みも感じませんでした。GPSは全ての技量を見せるべき場所だと思っています」
といったようなことを語っており、またルカヴィツィンコーチも、「とにかく怪我を治すことが先決だった」と述べているので、この演技には師弟ともどもひとまず安心、といったところだったのではないでしょうか。


そしてFS。私はてっきりこれ↓が新衣装なんでは?と思っていたのですが(写真は公式練習時のもの)
1127401334小
シンプルではありますが打合せや襟の形などこっていますし・・・
それが、これでした!
DMqqHjhVQAA68NV小
デザインはほぼ同じですが、生地や装飾にマイナーチェンジが行われていますね。やっぱりこっちのほうが試合衣装、という感じがします。

演技がこちら。


うーん、やっぱりフリーの長さは、足がもちませんでしたね。バックヤードで、出番ギリギリまでスケート靴を履いていなかったので、かなり痛みがあるんだろうなあ、最悪棄権も覚悟しないと・・・と思っていたので、出てきて滑ってくれただけで私は嬉しい。演技後には、
「足の怪我による準備不足から、完全な演技はできないとわかっていた。しかし、怪我のせいにはしません。僕は今日、別の意味で最善を尽くすために氷上に出ました。それは自分を克服する力を持つためにメンタルをを鍛えることです」
とコメントしていて、ルカヴィツィンコーチによれば、プログラムの難度を下げることもだいぶ検討されたようです。しかし、やり抜く、というジーマの強い意志と、これがシニアとして戦ってゆくについて必要なことだ、というコーチの信念が一致し、そのままの構成で行くことにしたようです。前日のコメントでジーマは、「GPSは最高の技術を披露する場所」といったコメントをしていますが、まさにそれが彼の信念であったのでしょう。
ジャンプの難度を落とせば、スケーティングには定評のある彼ですから、ここまで崩れることはなかったはず。おそらく台乗りも可能だったでしょう。しかし、目先の成績よりも大事なものがある、という師弟2人の信念が一致しての結果だったと思います。
特に私としては、3度の転倒でかなり足に来ているにもかかわらず、Stsqでレベル4を加点付きで記録したことに、大きな評価をしたいと思います。あとは、スピン頑張ろうね、ジーマ。

SP3位からの総合6位、とちょっぴりほろ苦いデビュー戦ではありましたが、ジーマとしては今まで憧れの存在、であったシニアたちと同じリンクで戦う、という貴重な経験ができた大会であったのではないかと思います。

そして次はNHK杯!

練習しながら怪我を治す、というのは大変なことだと思いますが、少しでも万全な状態で臨めるよう、心から祈りたいと思います。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
11位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR